神奈川県全域・東京23区・町田市 許認可取得 のご相談なら斎藤雄行政書士事務所。

本文へジャンプ
斎藤雄行政書士事務所
パスポート申請代行menu
トップページ
トップページEnglish
事務所案内
取扱業務
創業支援
電子定款
建設業許可
産業廃棄物処理業許可
特殊車両通行許可
風俗営業許可
古物営業許可
倉庫業登録・トランクルーム認定
遺言
相続
離婚協議書
在留資格認定証明書
就労ビザ
技能実習ビザ
留学ビザ
家族ビザ
パスポート・認証・ESTA
旅行業登録
国際結婚
永住許可
帰化申請
内容証明
契約書・弁済合意書
車庫証明・名義変更
自動車保有手続OSS
運送業許可
一般貨物自動車運送
介護タクシー
ソーシャルビジネス・介護
自賠責保険手続
競買手続調査
リンク
お問い合わせ
事務所案内 事務所案内
【斎藤雄行政書士事務所】
〒242-0028 神奈川県大和市桜森 2-4-15-703
TEL:046-260-9311
FAX:046-244-4111
【取扱業務】
■建設業許可
■風俗営業許可
■古物営業許可
■創業支援、電子定款
■離婚問題
■遺言・相続問題
■内容証明・契約書
■運送業許可
■介護タクシー許可
■車庫証明申請
■自賠責保険手続
■ソーシャルビジネス・介護
■競買手続代行
■就労ビザ・家族ビザ
■国際結婚
■永住許可申請・帰化申請
■パスポート申請
■旅行業登録
■公印確認・アポスティーユ取得
■ESTA申請
【取扱時間】
9:00~19:00
【最寄駅】
相鉄線相模大塚駅南口から徒歩2分
【クレジットカード】
ご利用可能です。ご相談下さい。
QR QRコード
http://www.saitogyosei.jp/ メールアドレス mail@saitogyosei.org TEL:046-260-9311
パスポート申請代行 パスポート申請代行
 
 
必要書類 
パスポート申請代行

パスポート申請代行(神奈川県)

◇忙しくてパスポートの申請に行く暇が無いという方のために、当事務所が申請を代行します。

注1:この申請代行は神奈川県内に住民登録のある方が対象です。

注2:パスポートの受取りは代行できません。必ずご本人様がお受け取り下さい。
神奈川県パスポート申請代行
◇必要となる書類(新規)

1.一般旅券発給申請書(5年用か10年用かお決め下さい)
→書式は所定の用紙であることが必要です。この書式は当事務所でご用意し、作成代行致します。
2.申請日前6ヶ月以内の戸籍抄本または謄本
3.パスポート用写真
4.本人確認書類
5.前回取得したパスポート(期限切れパスポートをお持ちの場合)

◇代行報酬の他、パスポートを受け取る際に、引換え証に貼る印紙代、証紙代がかかります。

5年用:11,000円
10年用:16,000円


※詳細につきましては、お電話又は下のフォームから当事務所にお問合せ下さい。ご案内書(ご依頼の手順書)をお送りします。




esta申請代行 公印確認(Authentication,Legalisation)・アポスティーユ(Apostille)取得代行




必要書類公印確認・アポスティーユ取得代行

外国企業との取引や外国金融機関の口座開設、あるいは外国での婚姻や出生等各種手続きにおいて、文書を提出する際、提出先機関から、その文書の公的証明を求められる場合があります。その場合、提出先機関がどの程度の証明を求めているのか十分に確認する必要があります。

1.アポスティーユ(Apostille)で済む場合
アポスティーユとは、ハーグ条約: 外国公文書の認証を不要とする条約(認証不要条約)による外務省の証明のことを言います。
(もちろん、提出先国はハーグ条約締約国のみです。)アポスティーユを取得すると領事認証があるものと同等のものとして、提出先国で使用することができます。

注1:ハーグ条約に加入していない国へ提出する公文書の証明は全て公印確認となります。
注2:提出先国がハーグ条約(認証不要条約)の締約国であっても、領事認証が必要となり、公印確認を求められる場合があります。事前に提出先または日本にある提出先国の大使館・(総)領事館にご確認ください。

2.公印確認(Authentication of official seals)+領事認証(Legalisation)が必要な場合
公印確認とは、日本にある外国の大使館・(総)領事館の領事による認証(=領事認証)を取得するために事前に必要となる外務省の証明のことです。外務省で公印確認を受けた後、在日外国大使館・(総)領事館の領事認証を取得する必要があります。

注1:外務省の公印確認ではなく、現地にある日本大使館や総領事館の証明が求められている場合があります。
注2:外務省で公印確認証明を受けた書類は、現地日本大使館や総領事館で重ねて証明することはできませんので、ご注意ください。


3.尚、外国金融機関に提出するパスポートコピー認証のように、有国家資格者の認証で足り、外務省の公印確認まで不要な場合もあります。

◇外務省では、海外から郵送でのアポスティーユ取得申請・送付を行っておりません。そのため、海外に滞在されている方が外務省の公印確認・アポスティーユを取得しようとする場合、日本国内の代理人を通じて申請する必要があります。当事務所では、 こういった外務省の公印確認・アポスティーユ取得の代行業務も行っております。

◇報酬額・お見積り
事案により異なります。ご希望の際は、メールか電話にてお問合せ下さい。 こちらからお問合せチェックシートをお送りして、その内容確認後、ご依頼者様にお見積りをお出しします。



esta申請代行 esta申請代行
estaとは ESTA申請代行

◎電子渡航認証システム申請(Electronic System for Travel Authorization)代行

ご存知のごとく、短期滞在目的で米国に旅行する査証免除者は、2009年1月12日より、米国国土安全保障省によるESTAに申請を行い、認証を受ける義務が課されました。ESTAにより、90日間以内の期間、観光または商用目的で米国へビザなしで渡航することができます。

インターネットができる環境にないなど、お困りの方のため、当事務所では、このESTA申請の代行をお受けします。

○お問合せの際、まずはご自分がESTA申請の対象となることを以下のチェック表(pdf.ファイル)でご確認下さい。
→2016年4月1日より、ビザ免除プログラムでの渡米者は、Eパスポート(IC旅券)の所持が必要となっています。よって、esta申請時にもEパスポート(IC旅券)が必要となります。このことは、既にEパスポート(IC旅券)によらずにESTAを取得している渡航者にも該当します。つまり、Eパスポート(IC旅券)を取得した上で改めてestaの申請、取得が必用になります。

Eパスポート(IC旅券)か否かの簡単な見分け方は、パスポートの表紙にEパスポート(IC旅券)を示すマークがあるか否かで識別できます。ご確認の上お申し込み下さい。

○STA申請の対象となることをこちらで確認させていただいた後、こちらから申請に必要な事項を伺うための確認シートを、ご希望の送付先にお送りします。お手数ですが、このシートにご必要事項を漏れなくご記入の上、Fax又はメールでご返信下さい。

申請事前確認チェック表pdf.ファイル

ESTA申請はオンラインで行いますので、遠隔地のにお住まいの方でも電話、FAX、メール対応可能です。もちろん、直接来所されても結構です。お困りの際は、当事務所にお電話下さい。


報酬額報酬額(税込)

◇報酬額

○パスポート申請一式 8,000円(税込)
→ご家族でご依頼される場合は、ご家族割引がございます。
→団体様でご依頼される場合は、団体様割引がございます。
※詳細につきましては、お見積りをお出ししますので、お電話又は下のフォームからお問合せ下さい。

公印確認・アポスティーユ取得代行
→ケースにより異なります。 詳細につきましては、お見積りをお出ししますので、お電話又は下のフォームからお問合せ下さい。

○ESTA申請一式 5,000円(税込)(恐れ入りますが、銀行振込による前払い制となります)


メール相談メールによる無料相談実施中

※メールによるご相談・お問い合わせは初回無料です。

尚、ご来所頂ける方も、初回の相談料は無料です。但し、ご来所頂けない場合は、別途、出張料(1時間5,000円)と交通費(実費)を申し受けます。


お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る
神奈川県パスポート申請代行/斎藤雄行政書士事務所

トップページ | 事務所案内 |取扱業務 | 創業支援電子定款 | 建設業 | 風俗営業 |古物営業 | 離婚協議書 | 遺言相続問題 | 内容証明各種契約書・弁済合意書・公正証書起案 | 車庫証明 | 運送業 |介護タクシー | ソーシャルビジネス・介護 | 就労ビザ家族ビザ | 国際結婚 | 永住許可帰化申請 | パスポート申請 公印確認・アポスティーユ取得代行・ |ESTA申請 | 競買手続調査代行 | 自賠責保険手続 | |旅行業登録

Copyright© 2009.Saito,Takeshi All rights reserved.

ご利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ