神奈川県全域・東京23区・町田市 許認可取得 のご相談なら斎藤雄行政書士事務所。

本文へジャンプ
再入国許可申請/神奈川県大和市/斎藤雄行政書士事務所
menu
トップページ
トップページEnglish
事務所案内
取扱業務
創業支援
電子定款
建設業許可
産業廃棄物処理業許可
風俗営業許可
古物営業許可
倉庫業登録・トランクルーム認定
民泊許可
旅行業登録
遺言
相続
離婚協議書
在留資格認定証明書
就労ビザ
技能実習ビザ
留学ビザ
家族ビザ
在留特別許可
パスポート・ESTA
国際結婚
永住許可
帰化申請
内容証明
各種契約書
車庫証明・名義変更
自動車保有手続OSS
運送業許可
一般貨物自動車運送業許可
特殊車両通行許可
介護タクシー
介護・ソーシャルビジネス
自賠責保険手続
競買手続調査
リンク
お問い合わせ
事務所案内
【斎藤雄行政書士事務所】
〒242-0028 神奈川県大和市桜森 2-4-15-703
TEL:046-260-9311
FAX:046-244-4111
【取扱業務】
■建設業許可
■風俗営業許可
■古物営業許可
■創業支援、電子定款
■離婚問題
■遺言・相続問題
■内容証明・契約書
■運送業許可
■介護タクシー許可
■車庫証明申請
■自賠責保険手続
■介護・ソーシャルビジネス 
■競買手続代行
■就労ビザ・家族ビザ
■国際結婚
■永住許可申請・帰化申請
■パスポート申請
■ESTA申請
【取扱時間】
9:00~19:00
【休業日】
土曜・日曜・祝日
【最寄駅】
相鉄線相模大塚駅南口から徒歩2分
【クレジットカード】
ご利用可能です。ご相談下さい。
QRコード
http://www.saitogyosei.jp/ メールアドレス mail@saitogyosei.org TEL:046-260-9311
 在留資格: 永住者の配偶者等(Spouse or Child of Permanent Resident)
 
 在留資格:永住者の配偶者等(Spouse or Child of Permanent Resident)
-----English-----

一、永住者の配偶者等(Spouse or Child of Permanent Resident)の在留資格が付与される場合とは

入管法の永住者の配偶者等とは、永住者、特別永住者の配偶者又は永住者、特別永住者の子として日本で出生しその後引き続き日本に在留している者を言います。
「永住者、特別永住者の子として日本で出生し」とは、日本で出生した時点でその父又は母のいずれか一方が永住者又は特別永住者であったことが要件とされています。出生時に父が既に死亡していた場合は、その死亡した父が永住者又は特別永住者であれば足ります。
子の年齢制限はありません。
但し、永住者、特別永住者の子については、引き続き日本に在留していることが要件となる点で、日本人の子の場合と異なります。
また、被扶養者要件も課せられていませんので、独立して生計を維持する能力がある場合でも該当します。
在留資格「永住者の配偶者等」は身分による在留資格なので、在留活動に制限は無く就労制限も有りません。単純労働の職に就くことも可能です。
再入国許可申請とは
二、例えば永住者が本国で本国人と現地の方式で婚姻をした後、日本に帰国してその結婚相手を永住者の配偶者として日本へ呼び寄せるといった典型例の場合、この永住者の結婚相手が日本に入国目的で「ビザ」(査証)を取るには予め「在留資格認定証明書」の交付を受けるのが便利です。確かに、日本に入国するため「ビザ」(査証)を取得する方法としては、希望者本人が、海外にある日本の在外公館(大使館や総領事館)で直接ビザ申請をする方法もあります。しかし、事前に「在留資格認定証明書」の交付を受けておけば、ビザの取得がより迅速かつ容易に行えます。「在留資格認定証明書」は、入管法第7条第1項第2号に掲げる入国のための条件に適合していることの証明書です。よって、在留資格認定証明書があれば、日本の在外公館(大使館や総領事館)などでのビザ発給の手続や空港での入国審査が迅速かつ容易となります。

三、上記の例の永住者の配偶者が、在留資格認定証明書の交付を申請する場合の必要書類は以下の通りです。

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
※ 申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

3 配偶者(永住者)及び申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通
※ 申請人が韓国籍等で戸籍謄本が発行される場合には、お二方の婚姻が記載された外国機関発行の戸籍謄本の提出でも差し支えありません。
※ 日本の役所に届け出ている場合には、婚姻届出受理証明書の提出をしていただきます。

4 配偶者(永住者)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
※ 1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
※ 1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば、いずれか一方で足ります。
※国内の証明書は全て発行日から3か月以内であることが必要です。

5 配偶者(永住者)の身元保証書 1通
※ 身元保証人には,日本に居住する配偶者(永住者)がなります。

6 配偶者(永住者)の世帯全員の記載のある住民票  1通

7 質問書 1通

8 スナップ写真(夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの)2~3葉

9 392円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒

10 その他
身元保証人の印鑑
(身元保証書提出前に押印した場合は不要)。

☆提出資料が外国語で作成されている場合には、訳文(日本語)の添付が必要です


メールによる無料相談実施中!

※メールによるご相談・お問い合わせは初回無料です。

尚、ご来所頂ける方も、初回の相談料は無料です。但し、ご来所頂けない場合は、別途、出張料(1時間5,000円)と交通費(実費)を申し受けます。


お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る
再入国許可申請/神奈川県大和市/斎藤雄行政書士事務所

トップページ | 事務所案内 |取扱業務 | 創業支援電子定款 | 建設業 | 風俗営業 |古物営業 | 離婚協議書 | 遺言相続問題 | 内容証明各種契約書 | 車庫証明 | 運送業 |介護タクシー | 介護・ソーシャルビジネス | 就労ビザ家族ビザ | 国際結婚 | 永住許可帰化申請 | パスポート申請 |ESTA申請 | 競買手続調査代行 | 自賠責保険手続 |

Copyright© 2009.Saito,Takeshi All rights reserved.

ご利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ